×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガミースマイルとは?

ガミースマイルとは、話や笑っている時に口からたくさんの歯茎が見えてしまうことを、ガミースマイルと言います。女性の方は、特に気になると思います。このガミースマイルの原因のひとつと言われているのが、優性遺伝です。両親がガミースマイルだとその子供にも優性遺伝によって症状が出るケースもあるそうです。また口元を動かしている筋肉が原因になっている場合や上あごがなんらかの原因によって骨が長くなり前に出てきてしまっている場合などです。ガミースマイルの程度や年齢、口の状態によって治療法や手術の仕方は、変わってきます。歯茎の出が軽度なら矯正治療で済みます。でも重度の場合ここでは、笑ったときに歯茎が大きく見えてしまうと矯正治療ではなく、美容外科や矯正または、形成外科での専門的な治療が必要になってくるそうです。このようにガミースマイルの症状、程度によって治療法が変わります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ボトックス注射による治療もあります。

ガミースマイルの治療法にボトックスを注入するボトックス注射という治療法もあります。このボトックス注入をすることにより顔の表情筋に作用させ筋肉の過剰な活動を抑制することにより歯茎が見えてしまう筋肉を抑制させて歯茎を見えにくくします。このボトックス注射なら手術をすることなくガミースマイルを治療することが出来ます。またこのボトックス治療は手術などと比べると簡単にガミースマイルの治療ができますが、注射による治療で手術では無いので筋肉の抑制の持続期間があります。ボトックス注射の持続期間は、人それぞれですが、約半年の効果なのでガミースマイルに戻ってしまいますので継続してボトックスでの治療を受けなければなりません。またこのボトックス注射は、表情筋の抑制の働きがあるので整形にも使われています。小顔や目じり、シワなどの整形にも使われています。ガミースマイルをボトックス治療で治すメリットとしては、メスを使わないので傷や腫れの心配はないです。デメリットとしては、治療を約半年毎に治療をしなければならないことで、ボトックス治療をしなければガミースマイルに戻ってしまうことです。

インプラント治療が最も効果があるでしょう。

ガミースマイルの症状が軽度の場合の歯科医での治療法には、矯正治療を単独で行う治療があります。この矯正治療はガミースマイルの軽度の方に限定されています。この矯正治療は、数ミリしか動くことが出来ないためです。また矯正用のインプラントを併用させて矯正させる方法があります。このインプラントを併用させる方法ですが、インプラントを骨の中に土台になるように埋め込んで歯を動かすようにする治療法です。この治療法は、単独での矯正治療に比べたら治療期間やガミースマイルに対しての効果も期待できます。矯正用のインプラントには、通常のインプラントの他にK-1システム、SMAP、マイクロプラントなどがあります。このインプラントは、ガミースマイルの程度によって使い分けられています。ガミースマイルの治療をインプラントなどを使う外科手術を併用することで、骨自体を動かしますので、最も矯正治療の効果が出るガミースマイルの治療法です。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 ガミースマイルの治療